ご相談&簡易プラン

施主様の希望する建物のイメージ、要望、予算をヒアリングしながら簡単なプランを組み立てます。
(この時点ではあくまで簡易的なプランとなりますので敷地調査、各種法令と正確に照らし合わせると変わってくることはご了承ください。)
これらを通して家づくりに一緒に取り組んでいくパートナーとして選んでいただけるかの判断をしていただくこととなります。

STEP
1

設計・監理契約

家づくりの方向性や進め方、業務報酬等、ご了承いただいた後、設計・監理契約を結びます。

STEP
2

基本設計

基本となる図面(平面図、立面図、断面図、仕上げ表、求積図、配置図)の作成を行います。
敷地調査、各種法令調査を経て施主様のご要望(間取り、デザイン、予算等)とすりあわせつつ検討を重ねていきます。
設計側はそのイメージを基本図面に落とし込んでいきます。

STEP
3

実施設計&申請業務

実施設計では詳細なデザイン、使用する材料、設備機器、構造等多岐にわたる家づくりに必要なものを具体的に決定し、
これから建てる建物が法令的に適合しているか、指定建築確認検査機関に提出、確認を受けます。

STEP
4

施工会社選び&契約

実施設計を踏まえ施工会社に見積を依頼します。
見積が(不当に)高すぎないか、安すぎないか、必要プロセスを満たしているか、見積書を精査します。
施工会社の選定にアドバイスを行い、契約の際には立ち合います。

STEP
5

監理業務

べースとなる契約書、図面の通り、法律に基づいて施工されているか、指定した材料が
正しく使われているかなどの重点監理を行います。特に建物の躯体に関する施工(杭、コンクリートの品質、鉄筋の配筋、かぶりの厚さ)
に関しては検査、立ち合いし監理を行います。その他、工事の進捗に合わせた打ち合わせや、施主様のご要望に対応するための調整業務を行います。

STEP
6

竣工・お引き渡し

設計図書通りに出来上がっているか設計事務所検査を行います。
行政、検査機関の完了検査に立ち会い、最終検査を経てお引き渡しとなります。

STEP
7

参考:沖縄県建築士事務所協会HP 

物件モザイク